車買取情報サイト

車買取情報サイト カウカウカー

愛車を高く買い取って欲しい・・・そんなあなたに

車買取高額査定のワンポイント講座@

車買取り査定員やディーラー営業マンも人間です。
横暴な態度や無理難問を押し付ける人には 「後一押しこのお客様のために頑張ろう」 という気になれません。
車買取り査定の場合は大切に乗ってたということをアピールするためにもキッチリ洗車をし、事故や故障に関する正直な申告が必須。
新車購入や中古車購入の場合は予め予算や購入希望時期などをハッキリと伝えましょう。
どうせ売るんだから洗車なんてしなくてもいい! というのは全然ダメ。
査定士が外観のチェックをする際に汚れていると、外傷(キズ)と間違えられたり減点の対象になりやすいのです。
大切に乗ってたということをアピールするためにもキッチリ洗車をしてから持ちこみましょう。
また、事故歴に関しても隠しておくのはタブーです。
査定士はプロですから絶対に見抜かれてしまいます。
そのような信用の無い行為は慎しみましょう。

車買取専門店の仕組み

ここ数年、車買取専門店が増えてきました。
全国に支店を持つ大手も登場し、インターネットなどもフルに活用し、積極的に車の買取を展開しています。
名前どおり、車買取専門店は、あなたの愛車を買い取ってくれる業者です。
車を査定し、提示された金額、条件に納得できれば、そのまま愛車を手放し、引き換えに現金を手にすることになります。
次の車の購入費用に査定金額を充当する下取りとは違います。
最近、車買取専門店が人気になってきた背景には、いくつか理由がありますが、1つには中古車市場で人気のあるモデルなど、車種によっては期待以上に高く買い取ってくれるからです。
また、ディーラーでは値の付かないような年式の古い車に査定額が提示されることも珍しくありません。
このようなことができるのは、車買取業者は買い取った車をオートオークションへ持ち込んだり、車の持ち味を活かして自社で小売り(同業者への転売を含む)するなど、幅広い営業を行なっているためです。
現在はオートオークションでの売却が主流になっています。

車買取と下取りの違いとは

新車への買い換えや中古車への乗り換えのとき、あるいは車を完全に手放す場合、通常はそれまで乗ってきた愛車を下取りに出すか、買取専門店などに売却することになります。
下取りの場合は、ディーラー(新車購入)か中古車販売店(中古車への乗り換え)などに愛車を持ち込み、査定してもらいます。
そこで条件が折り合えば、提示された金額を次の車の購入費の一部に充当します。
これに対して、車を買取専門店などに売却し、現金化するのが買取りというわけです。
ここで考えたいのが、あなたの愛車が人気車種かどうかということです。
中古車市場で人気のある車は、一般的に新車を扱うディーラーよりも、買取専門店の方が査定価格が高く出る傾向があります。
その理由は、車の人気度が査定に影響するかどうかの違いにあります。
ディーラーでは、基本的にクルマの査定はマニュアルに従って評価されます。
仮に市場で人気のあるモデルでも、「人気度」のような主幹的な要素を加点することはありません。
具体的には、新車価格を基準に、年式やグレード、走行距離、事故歴、全般的な程度などをチェックし、減点法で査定するだけです。
言い換えると、ベテラン査定士でも新人でも、基本的に同じ査定額が出てきます。
対して、車買取専門店や中古車販売店などでは、中古市場での流通価格を基準に査定します。
現在では、ほぼオートオークションでの落札価格が基準となります。
オークション会場では、中古車市場で高値で売れる車は誰もが欲しがるため、結果として高値で落札されます。
買取専門店では、この金額が査定額に反映され、人気車種はディーラーよりも高い査定額が付く傾向にあります。
そのためにも、愛車の人気度、市場価格を調べておく必要があります。

自分の車の買取相場価格を調べるには?

車の売買では、下準備として車の相場を調べておくことが大前提です。
愛車の価値を知らないまま、オーナーの無知に付け込むような業者に売却してしまうと、後で泣きをみることにもなります。
現在、最も便利で間違いが少ないのは、インターネットでの無料査定です。
広く公開され、世間の目にさらされているため、査定金額に極端な高低がつくこともありません。
大手買取専門店が独自で行なっているものや、一括して複数の業者に査定依頼ができるようなサイトまで様々ですが、いくつかのネットで査定すれば、ほぼ愛車の相場を把握できます。
インターネットは苦手という人は、電話で直接、買取専門店に聞くことをお勧めします。
おおよその相場がわかります。
また、ディーラーや中古車販売店に出かけての査定もしておきましょう。
ネットでの査定を含め、複数の査定額を照らし合わせることで、愛車の市場価格の実体が見えてくるはずです。
愛車を少しでも高く売りたいのなら、手間ひまを惜しまず情報を入手し、実際に行動することです。
ただし、単純に査定額だけで判断するのは賢明とは言えません。条件をよく検討する必要はあります。

check

2017/1/25 更新


 

 
コピーライト